2005年11月01日

スワップ金利とは

スワップ金利というのは、通貨間の金利差に
よって生じる利息
のようなものです。

現在、日本の金利が約0.001%。米国が4.5%。
(平成18年2月1日現在)

その差、約4.5%。年間で資産が4.5%増える計算です。
100万円で米ドルを買うと104万5千円。4万5千円が
1年間何もしなくても増える事になります。


このスワップ金利のすごいところは「毎日」もらえる
という事です。(正確には、まとめて数日分付く日と
1円も付かない日があります。)


ちなみにスワップ金利は、各証券会社によって金額が
異なります
。1万ドルの取引をすれば1日100円前後です。
1ヶ月で約3000円の増加♪私のメイン口座では1万ドルに
付き約142円が毎日増加しています。


注意)高金利通貨で低金利通貨を買うと、逆に
   スワップ金利を支払う必要があります。今のところ、
   円で他国通貨を買っている分には、もらう一方です。

   また、実際には為替の変動リスクがあるので、
   総資産は為替レートによって増減します。


記事が役に立ったら、ポチっとお願いします♪
ブログランキング赤いロゴ.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。