2006年03月15日

待てば海路の日和あり

3/13の日記で告白?した通り、IFD注文でしくじって
しまった恐怖の「売り」ポジションを持っておりました。

「売り」ですので、為替差損だけでなく、スワップの
支払いも当然発生します。含み損が1万円以上に膨らみ
ました。中長期的には円安になるであろうという説を
信じているので、これはもう損切りするしかないかなと
半ば諦めつつ、そのタイミングを探っていました。

今回はアメリカの経済指数の発表に救われました。。。


昨夜22時半に発表されたアメリカの経済指数
発表される前のニュースで数字が悪化する恐れが
あるとの事。これは、短期で円高になる可能性大!
損切りするのはもう少し待とう。。。


その選択は正解でした。
経済指数が発表される前後から、ドルはぐんぐんと
下がっていきました。私の含み損もぐんぐん下がって
ちょびっと嬉しくなりました。(冷静に考えるとメイン
口座の含み益は減っているんですが、この際そっちは
どうでも良かったです。目の前の含み損で頭がいっぱい)

結果的に、含み損0の価までは下がりそうになかったので
精神的な安心感を得る為に損切りしました。あぁ、119円に
なった時に慌てて決済しなくて良かった♪

今回の教訓:
待てば海路の日和あり

焦らずに様子を見る事も時に大切。短期・中期・長期で
物事を考えられるようになれたらいいなぁ。

「売り」は精神的に良くない事が分かったので、
やっぱり「買い」がいいな。。。スワップをもらう方なので♪

そんな訳で?損失補填するべく、決済と同時に
ドル/円を2ポジションも買ってしまいました。。。
ちっとも懲りてない。損失補填なるか?請うご期待!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。