2005年11月01日

FX初心者入門講座♪ Step4.投資スタンスを決める

FX取引には、どんな投資スタンスがあるのでしょうか?

大まかに分けると次の4つのタイプが考えられます。
(参考文献:あなたのお金を10倍にする外貨投資術

ご自分の用意できる投資資金額・収入を含めた資産・
年齢・性格によって、どれが良いのか、どれが自分に
向いているのかを考える
参考にしてみてください。


1.短期中心の為替差損を狙う
 →1週間程度で為替変動を狙ってレバレッジをかけて
  売買益を出す手法。買いだけでなく売り注文をしたり
  ロスカットも考慮に入れるので売買回数が多くなる。
  頻繁に為替レートをチェックできる人向け。
  (スキャルピング・デイトレード・スイングトレード)

2.中期的な為替差損を狙う
 →1ヶ月〜数ヶ月の単位で通貨のファンダメンタルズや
  相場のトレンドを見極めて、長期的な視点で、大きな
  売買益を狙う手法。1度保有したらトレンドが変わるまで
  保有なので忙しくてもOK。ただし、トレンドが大きく
  逆行すると含み損が膨らむのでレバレッジは低めに。
  (ポジショントレード)

3.中期的なスワップ金利を狙う
 →高金利の通貨を買いスワップ金利を受け取る事が目的。
  注文のタイミングが良いと為替差損でも利益が上がる。
  逆にトレンドが行くとスワップ金利分よりも含み損が
  大きくなるので、利益確定のタイミングに気を付けたり
  レバレッジを2倍程度の低めに抑える。

4.長期的なスワップ金利を狙う
 →3とほぼ同じですが、より長い期間寝かせる手法。
  外貨預金と似た感覚で、スワップ金利が付く通貨
  選ぶ。「円だけを持つのが不安だから外貨を持つ」
  というリスクヘッジにもなる。ただし、3と同じく
  為替差損が発生するので、トレンドと逆に相場が
  動き続けると追証が発生する事もあるので注意。


いかがでしょう?何となく自分はコレというのが決まり
ましたか?なぜ、ここで投資スタンスについて考えたかと
いうと、次のステップの取引業者を決める際に重要
なってくるからです。

では、Step5で取引業者の選び方について考えてみましょう♪
FX初心者入門講座♪Step5に進む


記事が役に立ったら、ポチっとお願いします♪
ブログランキング赤いロゴ.gif

FX初心者入門講座♪ 〜FXを始める手順のまとめ〜 に戻る▲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。